So-net無料ブログ作成

中学受験と家庭教師

カテゴリ: [家庭教師のトライの料金関連]

たいていの子供は最初の受験が高校入試ではないかと思います。
塾に通ったり家庭教師についたりする割合が最も高いのは
中学生だと言われています。

しかしこのところ
中学受験する子供たちというのも増えています。
人気がある私立の中学だと中高一貫教育であるケースが多く
高校入試がない分、中高の枠を超えた勉強をし
大学受験や将来に生かせるというメリットがあります。
また学力が近い子供たちが集まるので
授業内容も高度です。

では中学受験する小学生は塾に通った方がいいのか
トラいのようなところから家庭教師に来てもらった方がいいのか
親としては悩むところです。

塾の場合、よく見極めないとただの学校の延長になってしまうという懸念点があります。
また、通いたい塾から家までが遠い場合、児童なので
送り迎えが必要になります。しかしライバルがいた方がモチベーションがあがるという
負けん気の強い子供には塾がよいと思います。

家庭教師の場合、一対一の勉強になるので、
緊張のあまり子供が委縮してしまうということも考えられます。
しかし、マンツーマンなのでわかるまで質問することができますし、
カスタマイズした学習計画を立て、その子の合わせた勉強方法で学習することができます。

また家庭教師の場合は授業料がやはり割高です。
だた授業料については家庭教師のトライなど大手のところではキャンペーンをやっていたり
パッケージプランなどを設けているところもあるので
そういったものを利用してみるのもいいかも知れません。

また体験入学もあるということなので
家庭教師につくのがむいているかどうかを
判断することもできるようです。

小学生に限らず受験は家族での二人三脚。
良い結果がでるならば
子供の将来のためにも有効なお金の使い方かなと思います。

家庭教師に向いている人

カテゴリ: [塾・家庭教師の講師関連]

家庭教師のトライのように家庭教師斡旋をしている企業は大小さまざまあります。
ではどんな家庭教師がよい家庭教師なのでしょうか?
今回はどんな人が家庭教師に向いているか、体験談、評判、口コミなどで調べてみました。

まずは、言うまでもなくコミュニケーションが上手に取れる人。
家庭教師は生徒だけでなく、ご両親やご家庭によっては祖父母の方ともうまく連携を
とっていかなくてはなりません。教育熱心な家庭、放任でお任せのご家庭、どんなタイプの人の前でもうまく順応し、対応できることが大切です。

次に人に興味があること。生徒にもいろいろなタイプがいます。この子がどうずれば勉強に興味を持ってくれるか、どうずれば学習習慣をつけてくれるか。よく生徒の性質を見極めなくてはなりません。また、多くの生徒は受験であったりテストであったり目指しているものがあるので、苦楽を共にし、その成長を見る楽しみもあります。

そして、自己管理ができる人。家庭教師はスケジュールや生徒の行動を自分で管理しなくてはなりません。会社員と違って上司がいないので、束縛されず自由に行動することができますが、自由であるがゆえ自己コントロールも自分でしなくてはなりません。

これらのことを考えると、やはり家庭教師は経験がものを言うのかなという気がします。
個人的に学生に家庭教師を頼むという方法もありますが、
家庭教師のトライはじめ大手の家庭教師斡旋企業には、経験豊富な講師が多いというのも
事実です。

この先生に教えてもらえてよかった、
そんな家庭教師にめぐりあえることは一生を左右する大事なことなのかもしれません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。