So-net無料ブログ作成
検索選択
家庭教師業界のアルバイト関連 ブログトップ

家庭教師のトライでアルバイト

カテゴリ: [家庭教師業界のアルバイト関連]

新年度も始まり、新大学生となった人もたくさんいらっしゃると思います。
受験戦争も乗り越えて、やっと憧れの大学生になれた子たち。
さて「初めてのバイト」でも始めてみようかなって方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家庭教師アルバイトの良い点】
家庭教師のアルバイトは大学生にとても人気のアルバイトの一つです。
家庭教師のトライ、学研の家庭教師など、有名企業もたくさんあるため、安心してアルバイトを始めることができます。
また、人気の理由としてはずばり時給が高いことが挙げられます。それに、重い物を持ったり体力を使う仕事でもないので、体力に自信のない人でもバイトを続けることができます。


【家庭教師のアルバイトの時給】
家庭教師のバイトは時給が高いと聞きますが、平均時給はどれくらいの金額なのでしょうか。

 家庭教師のバイト 時給は1,300~2,000円

他のアルバイトに比べるとダントツで高い時給を誇る家庭教師のアルバイト。
ですが、実際家庭教師として働いている人に聞きますと、授業の準備をする時間があるため、時給はそこまで高くないと感じている人もいるようです。とはいえ、実績等でも時給が上がっていきますので、やはり魅力的な金額ですね。


【気をつけなくてはならないことは?】
家庭教師のアルバイトを始めるにあたって気をつけなくてはならないことはなんでしょうか。
近年では、家庭教師募集という名目で高額教材販売のアルバイトを募っている会社があります。
家庭教師のトライやその他有名な家庭教師センターでしたらそのようなことはありませんが、小規模で経営している聞いたことのないような家庭教師派遣会社でしたら、少し注意してください。
もちろん小規模の会社でもきちんとした会社はありますので安心してくださいね。
アルバイトの電話をする前に、その家庭教師センターが高額教材を使用しているかどうか、インターネットの評判なども確かめてみるとよいかもしれません。

アルバイトの待遇の差とモチベーション(料金面について)

カテゴリ: [家庭教師業界のアルバイト関連]

大学生になり、初めてアルバイトを始める方も多いでしょう。
なかでも高待遇といわれている家庭教師のアルバイトは、
時給が高く時間の融通も利くため、学生に人気のアルバイトとなっています。

ただ、高額アルバイトの代表格とも言うべき家庭教師ですが、
実はなかにはさほど時給が良くない会社もあります。
もちろん時給だけでなく、人に勉強教えるというやりがいをアルバイトに求める方もいますが、
時給が良い程やる気が出るのが人間ではないでしょうか。

一般的なアルバイトの場合、一ヶ月から二カ月程研修期間があり
先輩に仕事を教えてもらいますが、家庭教師は契約した後は
ほったらかしという会社もあるとのこと。
新人の場合、まずは生徒にどのように教えたら良いか右も左も全く分からない状態ですが、
とりあえず行って来いとばかりに、派遣する会社もあるというから驚きです。

このような待遇の会社の場合、
多くの方がより待遇の良いアルバイト先を求めて、
すぐに辞めてしまう傾向にあります。
幾ら時給が良かったとしても、何の研修もなく何のアドバイスも会社から貰えないのであれば、
待遇は良いとは言えないでしょう。

もちろん大手やしっかりとした体制の出来ている会社の場合は、
面接後に研修があり、それらをクリアしなくては
実際ご家庭に派遣されることはありません。
ただ、家庭教師会社は今や数え切れないほどあると言われており、
だからこそ杜撰な管理体制のところも多いのです。

そういう会社から派遣される家庭教師なら、高い料金を支払っても
よいのではないでしょうか?

また、通常家庭教師は受け持ちの生徒数が増えたり、
生徒からの評判が良い場合には時給が上がるのですが、
入社当時から全く時給が上がらないところもあるようです。
このような家庭教師会社の場合も、多くの学生講師はより時給や待遇の良い会社へと
移籍する傾向にあります。

そのため、時給が良い会社程、優秀且つやる気のある学生講師が必然的に集まってくるのです。
最初はどの会社でアルバイトをしたら良いか分からない学生さんたちも、
だんだんと家庭教師のアルバイトに慣れるにつれて、
より良い待遇のところへと移動していきます。

これらは家庭教師に限らず、一般企業にも言えることですが、
このように良い人材ほど高待遇の会社へと流れていくため、
安い時給且つ安い授業料の会社には、
そこそこの家庭教師しか在籍していないのです。

そのような会社にそこそこの料金を支払って
家庭教師を雇っても
効果は期待できないのではないでしょうか?

つまり、待遇の良し悪しが家庭教師の場合には講師の質に直結します。
皆さんより安くよりスキルの高い家庭教師を希望されているかと思いますが、
実は講師スキルと授業料は家庭教師業界では比例すると言われているのです。

そのため、なかには安い授業料の会社に良い講師が在籍している場合もありますが、
高いスキルの講師を最初から希望するのであれば、
授業料の高い家庭教師会社に入会した方が良いのかもしれません。

家庭教師業界のアルバイト関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。