So-net無料ブログ作成
塾・家庭教師の講師関連 ブログトップ

家庭教師のトライでみつけた理想の先生

カテゴリ: [塾・家庭教師の講師関連]

家庭教師のトライの評判・口コミ掲示板でこんな意見を見ました。
それは自分の第一希望の大学に通っている人を、先生として希望したいという書込みでした。

少し調べてみると家庭教師のトライでは、たくさんの先生が登録されているらしく、女性か男性どちらを希望するか、
どこの大学の人が良いかなど、条件が付けられるとのことでした。

お子さんに合った先生を選ぶことは、受験戦争に勝ち抜くためには一番大事なことなのです。
お子さんからすれば、自分の憧れの大学に通う人から学ぶというのは、
その大学の話を聞いてやる気アップに繋がること間違いありません。
保護者の方からすれば、第一志望の大学についての知識が豊富な先生は安心できるでしょう。
なんせお子さんが目指す大学に合格した実績があるのですから。

受験方法や、願書の書き方、大学までの道のりなどについても知っているわけですから、安心して任せられます。
もしかしたら試験に出やすいところも教えてもらえるかもしれません。

また、受験後大学に合格すれば、先生が先輩となり今後も交流が続いていくことになるでしょう。
大学生活の先輩として、サークル活動や部活動、面白いゼミなどの情報も得られるかもしれませんね。
受験の間だけでなく、未来につながる関係は魅力的ではありませんか?

家庭教師のトライでは、このような理想的な関係を築くことができるかもしれません。
他にもたくさんの口コミがあったので少しづつ紹介できたらと思います。

家庭教師に向いている人

カテゴリ: [塾・家庭教師の講師関連]

家庭教師のトライのように家庭教師斡旋をしている企業は大小さまざまあります。
ではどんな家庭教師がよい家庭教師なのでしょうか?
今回はどんな人が家庭教師に向いているか、体験談、評判、口コミなどで調べてみました。

まずは、言うまでもなくコミュニケーションが上手に取れる人。
家庭教師は生徒だけでなく、ご両親やご家庭によっては祖父母の方ともうまく連携を
とっていかなくてはなりません。教育熱心な家庭、放任でお任せのご家庭、どんなタイプの人の前でもうまく順応し、対応できることが大切です。

次に人に興味があること。生徒にもいろいろなタイプがいます。この子がどうずれば勉強に興味を持ってくれるか、どうずれば学習習慣をつけてくれるか。よく生徒の性質を見極めなくてはなりません。また、多くの生徒は受験であったりテストであったり目指しているものがあるので、苦楽を共にし、その成長を見る楽しみもあります。

そして、自己管理ができる人。家庭教師はスケジュールや生徒の行動を自分で管理しなくてはなりません。会社員と違って上司がいないので、束縛されず自由に行動することができますが、自由であるがゆえ自己コントロールも自分でしなくてはなりません。

これらのことを考えると、やはり家庭教師は経験がものを言うのかなという気がします。
個人的に学生に家庭教師を頼むという方法もありますが、
家庭教師のトライはじめ大手の家庭教師斡旋企業には、経験豊富な講師が多いというのも
事実です。

この先生に教えてもらえてよかった、
そんな家庭教師にめぐりあえることは一生を左右する大事なことなのかもしれません。

家庭教師と個別教室の講師の質の違い

カテゴリ: [塾・家庭教師の講師関連]

学校の先生と塾や家庭教師の先生の教え方に違いがあることは、みなさん何となくご存じでしょう。
その理由は簡単であり、学校は「学校」であり、塾や家庭教師は「企業」だからです。

学校はあくまでも学校であるため、生徒は生徒でしかありません。
しかし塾や家庭教師に通う生徒は、いわばお客さん。
面白く、しかも成績が伸びる指導ができる先生がいなくては生徒が増えないため、経営側や講師陣は思考錯誤しているのです。その分、授業内容にも個性があり、料金もそれに比例しているかも知れません。

そのため最近では、タレントばりの有名塾講師なども存在しますが、まさに生徒のやる気を引き出す講師こそが、塾や家庭教師向きなのです。
では、同じマンツーマンの授業である家庭教師と個別教室。
どちらが良いか迷っている方も多いでしょうが、これらの講師の質には違いがあるのでしょうか。

家庭教師も個別教室も、ある程度口コミ評判の良いところには良い講師が揃っています。
特に採用基準を厳しく設けていたり、講師陣の給与が高いところほど、質の良い講師が集まっているようです。
(もちろんその分料金もかかりますが・・・)

そのためどちらにしても講師の質という点ではあまり変わりはありませんが、一つ大きな違いとしては、講師の入れ替わり頻度が挙げられます。
家庭教師は頻繁に講師が交代することはありませんが、個別教室の場合は講師の入れ替わりが激しいところも多いようです。
また家庭教師の場合、複数の教科を同一の講師に教えてもらうこともありますが、個別教室の場合は教科ごとに講師が入れ替わります。
この点に関しては、どちらが良い悪いではないため、実際に授業を受けるお子さんに向いているか向いていないかで判断すると良いでしょう。

その他、お子さんが家庭で自習する癖を付けたい場合は、家庭教師の方が良いとされています。
その理由としては、本部サポートが受けられる家庭教師会社の場合、自宅での勉強方法や学習環境の整備などもしっかりと講師が指導してくれるからです。
しかも実際授業を受ける場所は自宅のため、家庭教師の方がおのずと自宅での勉強習慣が身に付くのかもしれません。

最近では「トライ」や「アップル」のように、家庭教師と個別教室の両方を展開している会社もあります。
なかでもトライでは、家庭教師よりも格安で同等レベルの授業とサービスを受けられる場所を個別教室と位置付けているため、講師陣の質には全く差が無いようです。
そのため、講師の質がどうこうで決めてしまうのではなく、受けられるサービス内容や会社の雰囲気、料金を重視して選ぶと、おのずと質の良い講師に出会えるのではないでしょうか。

家庭教師のトライで出会えた先生

カテゴリ: [塾・家庭教師の講師関連]

最後に、講師が最新情報の収集を出来ているかどうかです。
講師は大学生からプロの方まで様々です。
大学生であれば最近自分自身が受験を経験しています。
ですが、受験は年々変化しているのでそれらについて知識を持っていなければ対応することができません。
受験の内容はもちろん、最新の学習法など、常にアンテナを張り巡らせている家庭教師が理想です。
また、最近ではネット出願によって受験料が安くなるなどの方法も多くなってきています。
そういった面でも生徒の支えになれる家庭教師は、保護者にとっても生徒にとっても頼りになります。

これらの3つの条件を満たしているのが、家庭教師として素晴らしい先生であると言います。
確かに、保護者はこのような先生が教えに来てくれれば最高ですよね。

私自身、何度かトライの家庭教師の方に教えていただいていますが、このような先生にであったことはありませんでした。
ですが私は、先生を代えてもらえるという制度を知らなかったので、そのまま高校三年間同じ先生に教えてもらっていました。
何とか第一志望の大学に合学することができたので良かったですが。

先生を代えていけば、いつかはこんな素晴らしい先生に出会えるかもしれませんね。

塾・家庭教師の講師関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。