So-net無料ブログ作成
家庭教師のトライの特徴 ブログトップ

一般的な家庭教師とトライの違い(質と料金面からの比較)

カテゴリ: [家庭教師のトライの特徴]

皆さんは家庭教師を選ぶ際、何を基準に選んでいるのでしょうか。
なかには口コミをしっかりと比較してより良い家庭教師会社を探す方もいるでしょうし、とにかく料金面を重要視して探す方もいるでしょう。

では、業界最大手の「家庭教師のトライ」。
こちらは家庭教師ランキングでは常にトップクラスを維持しているなど、名実ともに人気の高い会社ですが、その分料金が突出して高いと言われています。
料金面だけを考えると、山のように存在する家庭教師会社のなかから、わざわざ料金の高いトライを選ぶ必要はないと思うのですが、会員数が年々増え続けているトライ。
一体、一般的な家庭教師会社とトライには、どのような違いがあるでしょうか。

まずトライは料金内訳のなかでも、特に入会金が高いと言われています。
一般的な家庭教師会社では1万円~2万円の入会金が相場であり、なかには入会金無料の会社も複数あるようです。
しかしトライの入会金は4万円強。
他の家庭教師会社と比較すると圧倒的に高いと感じるかもしれませんが、実はこの入会金の高さこそが人気の秘密なのです。

入会金は主に入会時の事務処理費用などで使用されることが多く、そのため各家庭教師会社によって料金はまちまちとなっています。
一般的な家庭教師会社の場合、入会時の事務処理は、生徒の情報や科目登録といったものがほとんど。
しかしトライの場合は、単なる生徒の情報を登録するだけでなく、生徒の非常に細かなスキルや性格までもをヒアリングしながら登録。
さらには蓄積された独自データとの照会も行い、その生徒にぴったり合った講師を派遣したり、効率よく学力を伸ばすためのカリキュラムを組むためのデータベースにも活用します。

このように、非常に細かな分析を行うために入会金も高くなっているようですが、他にはないこのサービスが受けられるとあって、多少入会金が高くともトライに入会を希望する方たちが増えているようです。
実際トライに入会している方たちの口コミを聞いてみると、入会金は金額相応と感じているようですので、単に高いだけではないのかもしれません。
反面、入会金が1万円の家庭教師会社であっても、入会時に親切丁寧な対応を行ってくれないところは、1万円でも高いと感じるようです。つまりは、金額そのものを高いと感じるのではなく、金額に見合ったサービスを受けられるのであれば、多少高くともみなさん納得するのでしょう。

ただ、トライでは入会金無料キャンペーンを定期的に行っていますので、どうしても初期費用を抑えたいのであれば、この時期が入会の狙い目です。
授業料に関しても確かに他社の家庭教師会社よりは若干高めかもしれませんが、本部と講師と生徒との連携がしっかりとしている点や、確実に学力が伸びる点を考えると、決して高いという訳ではないのかもしれません。

nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師トライの講師の質と料金の妥当性

カテゴリ: [家庭教師のトライの特徴]

日本で一番有名な家庭教師会社といっても過言ではない「家庭教師のトライ」。
面白いCMの内容が評判になったりと、家庭教師を利用しない世代の方たちにも浸透している企業の一つです。

しかも単に有名だけでなく、トライは年々入会者を増やしており、家庭教師会社のランキングでも常にトップクラスを維持。
単に有名だけでは入会決め手にはなりませんが、では多くの方たちがトライに入会する際の決め手とは、一体何なのでしょうか。

最近では家庭教師比較サイトや口コミ掲示板がインターネットに多く存在し、利用者の口コミを見て入会を決める親御さんも多いようです。
そのなかでもトライのメリットとしてが良く言われているところは、「講師の質が安定している」「本部のサポート体制が手厚い」の2点。
その反対にデメリットとしては、「料金が高い」点が良く挙げられています。

みなさんできれば少しでも教育費は抑えたいと考えているため、普通に考えると安い家庭教師会社が人気となるでしょう。しかし、料金が高くともトライが人気ということは、家庭教師は料金では決められないことの証なのかもしれません。

口コミサイトなどを見てみると、少なからず料金の安い家庭教師会社での失敗談やトラブルを目にします。
無料トライアルや入会金無料期間にお試しで入会をしたりする方も多いようですが、実際に入会してみると、スキルの低い講師が派遣されてきたり、なかには授業当日に家に講師が来なかったといったトラブルもあるようです。
また、自宅にあがった際の基本的なマナーがなっていないといったモラルの低い講師がいたりと、安いには安いなりのトラブルが付きまとうのかもしれません。

このように、入会してみないとどんな講師がやってくるのか分からないところが、家庭教師の怖さでもあります。
塾であれば集団授業のために、人気のある講師のところには、口コミなどで必然的に生徒が集まってくるでしょう。しかし一対一の家庭教師の場合は、どのようなスキルの講師が来るのか、契約するまで全く分からないのです。

そのため、家庭教師のスキル不足やモラル不足を一度経験した方たちは、少々料金が高くとも絶対に質の良い講師を派遣してくれる家庭教師会社を次は選ぼうと考えています。
そして、一度失敗した親御さんたちが辿りつく家庭教師会社がトライ。
「料金が高いので躊躇したけれども、最初からトライにしておけば良かった」という声や、「高い教材を購入させられたけれども、全く身にならずに解約した家庭教師会社があり、非常にもったいなかった」という口コミもあり、家庭教師は料金の安さで決めてしまっては駄目だということが良く伝わってきます。

安い家庭教師会社の場合、講師の当たりはずれが大きく、当たった場合は良いですが、はずれた場合は非常に無駄なお金を支払うこととなります。
トライは料金が高い高いと言われがちですが、その分講師の採用基準が業界一厳しいとされており、さらには講師の育成もしっかりとしているようです。

講師を育てるにはそれ相応のお金がかかるため、料金が多少高くなるのは仕方ありません。
どのようなスキルの講師が来るのか不安に思うような家庭教師会社よりも、安定したスキルの講師を派遣してくれるトライの方が、トータルで考えた際には、お得だと思えるのではないでしょうか。

nice!(0)  トラックバック(0) 

学習環境も教えてくれる家庭教師のトライ

カテゴリ: [家庭教師のトライの特徴]

自分の子供の学力を伸ばしたいと考えた時、塾にすべきか家庭教師にすべきか悩む親御さんは非常に多いです。
単に料金的な事を考えるのであれば、一対一の家庭教師ほど授業料が高く、一対集団の塾の方が安い傾向にあります。
また、両者の間をとったスタイルが個別指導塾であり、家庭教師程料金は高くないけれども、個人指導を受けることができる点がメリットでしょう。

このように授業料を考えると塾に軍配が挙がるのですが、料金以外で塾と家庭教師を比較する際に重要視すべき点があることをご存知でしょうか。

まず、実際に通うのは親御さんではなくお子さんです。
そのため、親御さんご自身が「塾が良い」「家庭教師にしなさい」などと決めつけるのは少々危険だと言えます。
一番重要なことは本人の意思であり、またお子さんの性格や勉強スタイルもしっかりと考慮する必要があるのです。

なかでも勉強が好きかそうではないかという点は、かなり重要なポイントでしょう。
勉強が得意な子供の場合、人と競うことが面白いと感じ、ゲーム感覚で勉強を進めることができます。
そのため、周囲に自分と同等もしくは自分以上に勉強のできるライバルがいる塾という環境は、勉強のできる子供に向いていると言えるのです。

反対に、学校の勉強が苦手だから塾に通わせようと思っているのであれば、それは大間違い。
学校も塾も集団授業のため、学校の授業についていけないということは、確実に塾の授業にもついていけなくなります。
授業についていけない事自体がお子さんの劣等感を生んだり、更なる勉強嫌いにさせてしまう原因にも。
勉強が苦手な子供の場合、まずは簡単な問題を解いてやる気を出させ、それから基礎学力を伸ばしていくやり方が良いと言われています。
つまり勉強嫌いのお子さんの場合は、小さな疑問に答えてくれたり、生徒のペースで授業を進めてくれる家庭教師の方が向いているのです。

また勉強が不得意な原因には、勉強方法を知らないという点も挙げられます。
そこで活用したいものが、やはり個別指導塾や家庭教師。
塾では基本的には勉強しか教えてくれませんが、個別指導では生徒のペースに合わせて勉強を進めてくれますので、基本的な勉強方法も教わることができます。

なかでも「家庭教師のトライ」では、親御さんへのケアとして、自宅での学習環境の整備の仕方なども教えてくれるとのこと。
家族ぐるみでお子さんの勉強をサポートすることが、学力を伸ばす秘訣なのかもしれません。
このように、ある程度学力が高く自主的に勉強を行うタイプの場合は塾。
基礎的な学力から伸ばしたいと考える場合は、家庭教師の方が向いています。
単に塾が自宅から近いから、料金が安いからといって決めてしまうのではなく、お子さんに合った勉強方法を提案できると良いですね。
nice!(0)  トラックバック(0) 

塾?家庭教師?(さまざまなコースが選べる家庭教師のトライ)

カテゴリ: [家庭教師のトライの特徴]

塾か家庭教師か。子供の学力をアップさせたい親御さんたちにとっては重要な命題ですが、私は個人的には「年齢が低い子は家庭教師向き、年齢が高い子は塾向き」だと思っています。

人間はできることならば勉強したくない?

人間というのは、男も女も、子供も青年も中年も高齢者も概してわがままです。できることならば勉強なんてつまらないことはしないで、自分のやりたいことだけをやって楽しく生きたいというのが偽らざる本音でしょう。中には勉強が楽しいという人もいるかもしれませんが、そういう人は残念ながら少数派です。

しかし、大人はある程度理性によってそのわがままを制御することができます。今は苦痛かもしれないけれど、後で大きな利益になるから頑張ろう。今は大変だけれど、家族を養うためだから頑張ろう。そういう風に考えて、やりたくないことに立ち向かっていきます。

しかし、子供というのは基本的にそういうことができません。子供たちにとって何よりも大事なのは、今楽しいことを最優先させることだからです。将来を見据えた行動を彼らに期待するのは酷です。

たとえば、大人は遊んでいるのに夢中になって失禁するなんてことはまずないでしょうが、子供はそれが普通にあり得ます。それは彼らが「トイレに行く」というつまらない事案よりも、「今遊ぶ」という楽しい事案を優先させているからです。

そんな子供たちは、当然机に縛り付けられる勉強なんてやりたがってありません。そういう子を勉強させるには、まず何よりも子供のやる気を引き出すことが大事です。そして、そういうやる気を出させるのがうまいのは、塾教師ではなく家庭教師です。

塾教師と家庭教師の違いとは?

塾教師はどちらかというと「もともとやる気があることを伸ばす」ためのものです。勉強する気のある子には真摯に向き合ってくれますが、その分やる気がない子までは手を回してくれません。

一方、家庭教師は1対1なので、やる気のない子にはまずは勉強の面白さを教えることから懇切丁寧に始めてくれます。子供のうちに勉強することの楽しさを教えておけば、親が口やかましく勉強しろと言わなくても自然と勉強するようになりますので、親子の仲も自然と良いものになっていきますし、中学、高校でやってくる受験の時にも慌てずに済みます。適切な学習習慣をつけるのは、早ければ早いほどいいことずくめです。

そして早くから適切な学習習慣を身に着けるためには、家庭教師が一番おすすめです。小学生の子供をお持ちの方へ。あなたのお子さんがよっぽど勉強好きで、言わなくても勉強するような子供で泣ければ、家庭教師をつけることをお勧めします。

家庭教師のトライには塾のような個別指導と家庭教師の紹介、双方で相談に乗ってくれるようです。
まずは相談が第一歩かもしれません。

トラックバック(0) 

家庭教師のトライはスポーツのプロも育ててくれる!?

カテゴリ: [家庭教師のトライの特徴]

家庭教師には座学で勉強を学ぶもの。そんな固定観念を持つ方は多いと思いますが、家庭教師のトライには、なんと勉強ではなくスポーツを学べる家庭教師が存在します。それが「家庭教師のトライ スポーツ家庭教師」です。

スポーツが苦手な子供は、なぜスポーツが苦手になったのか

あくまでも個人的な考えですが、スポーツができないということは、勉強ができないということよりも、子供の心に大きな劣等感を抱かせるような気がします。小学生の時に勉強のできる・できないで序列が作られることはほとんどありませんが、スポーツができない子供は毎年のように運動会で晒しあげられますし、体育の授業でもスポーツができない子はどうしても集団競技で他人の足を引っ張って劣等感を感じてしまいがちです。

そうして劣等感を感じるようになった子供は、自分に劣等感を抱かせる存在であるスポーツを忌み嫌うようになり、自分を不愉快にさせる存在であるスポーツから距離を取ろうとします。スポーツから距離をとり、自主的にスポーツをしなくなるので、ますますスポーツが苦手になります。そうなるとますますスポーツに対する劣等感が沸き、さらにスポーツを忌み嫌うようになります。そうなるとますますスポーツから距離をとり、さらにスポーツが苦手になり……という負のスパイラルの森に入り込んでいきます。

スポーツができない子供がスポーツを嫌うのは、スポーツの面白さを知らないからです。スポーツ家庭教師は、そんなスポーツの面白さを伝える、スポーツの伝道師です。

初心者から上級者までやさしく指導

スポーツ家庭教師と聞くとハイレベルなことばかりやらされるのではないかと思うかもしれませんが、スポーツ家庭教師は初心者にもやさしく指導してくれます。

スポーツ家庭教師はスポーツができない人がなぜスポーツができないかを熟知しているので、初心者には初心者向けの指導を、上級者には上級者向けの指導をしてくれます。

スポーツが嫌いな人にはもちろん、スポーツが好きでさらにスポーツの技術を高めたいという人にも評判のサービスです。教師は各種目の現役・元トップアスリートばかりなので、指導力は抜群です。個人に合わせたマンツーマン指導なので、かけっこが苦手な小学生から、プロ野球選手を目指す中学生、さらには退職後に時間を持てまあしたのでスポーツでも始めようかと考えている60代、70代まで、あらゆる年齢層が指導を受けることができます。

ネット上での評判も上々で「息子が泳げるようになった」「逆上がりができるようになった」「自転車に乗れるようになった」などの口コミがあります。体育教師の家庭教師と聞くと戸惑ってしまう方も多いかと思いますが、まずは一度利用してみてはいかがでしょうか?

また将来プロを目指す子供たちのために、家庭教師のとらいではスポーツ家庭教師も行っているようでした。
千里の道も一歩から。継続することに意味があるのかも知れませんね。


トラックバック(0) 

家庭教師のトライとプレステージのプロ講師とアルバイト講師の比較

カテゴリ: [家庭教師のトライの特徴]

プロ家庭教師という講師を、皆さんはご存じでしょうか。
主にプロ家庭教師とは、学生がアルバイトで行う家庭教師ではなく、難関校の受験などに的を絞って授業を行ってくれる、家庭教師を本職としている人たちのことを指します。

特に大手の家庭教師会社には学生講師とプロ家庭教師の両方が在籍している場合が多く、目的によって選べるようになっています。
また、プロ家庭教師は単に勉強だけでなく、目指す難関校の傾向と対策を熟知しているために、受験を突破するための秘策も同時に教えてくれるという特徴があるのです。

なかでも「プロ家庭教師のプレステージ」は、企業名にも記載されているようにプロ家庭教師のみを派遣してくれる家庭教師会社。
母体は学研なのですが、学研の家庭教師のなかから、さらに選び抜かれたプロ家庭教師のみが在籍しているようで、目指す学校に合わせた授業カリキュラムをしっかり組んでくれるようです。
ただ、同じく大手である「家庭教師のトライ」にも同様に選ばれたプロ家庭教師が在籍しています。では、両者の違いは一体どこにあるのでしょうか。

両者の講師レベル自体は、さほど変わりがありません。
どちらも講師の学力はもとより、コミュニケーション能力や、より良いパフォーマンスを発揮できるような教え方を得意としているような人材のみを在籍させているため、非常に分かりやすい授業を受けることができるとのこと。
また、特定の難関校を狙っている場合は、その難関校出身者の家庭教師や、難関校に特化した家庭教師を選ぶこともできるようです。

しかしながら大きな違いとしては、プレステージの方は主に親御さんの希望に合わせて家庭教師を選べるという方針を取っていますが、トライの場合は、本部が総合的に判断して生徒にぴったりだと思われる講師を派遣してくれるようです。
どちらが良いかは親御さん次第ですが、どのような家庭教師をつけたら良いか分からない場合は、家庭教師のトライのようにプロに任せてみると良いかもしれません。

その他両者の違いとしては、本部のサポート体制が挙げられます。
プロ家庭教師をお願いする方たちの多くは、受験を突破したいと考えている方たちでしょう。
受験は学力だけではなく、内申点や面接時の対応なども必要ですし、難関校であれば受験を突破するための特別なテクニックも必要になってきます。
その点、トライであれば本部のサポート体制が強力であるが故、面接指導や難関校の傾向と対策についても、しっかりと教えてくれるようです。
しかしプレステージの場合は、主に学力に主軸を置いているために、あまりこのような点には力を入れていないようです。
受験の戦略や戦術に関しても力を置いているそうですが、本部のサポートによって得られるものではなく、家庭教師に一任されているとのこと。
そのため、多くの生徒を希望する難関校へと導いた講師の場合は、安心してお子さんを任せることができますが、そうでない場合は、単に学力のみを上げるだけになってしまうかもしれません。
プロ家庭教師自体は、どの会社に在籍していたとしても高いレベルのために安心ですが、それプラス本部のサポート体制も必要だということが言えるのではないでしょうか。

トラックバック(0) 

さまざまな分野のプロがいる家庭教師のトライ

カテゴリ: [家庭教師のトライの特徴]

様々な問題や悩みを抱えてしまい、学校に行けなくなってしまった、いわゆる「不登校」の子供にとって、勉強をする環境を手に入れるというのは切実な問題です。不登校にも様々な事情があるでしょう。集団行動が苦手であったり、周りからいじめにあってしまったり、あるいは勉強が苦手だったり……家庭教師のトライでは、そうした不登校の子供のためのサポート体制も整っているようです。
 
でも、例えば勉強が苦手な子供に家庭教師をつけて、勉強をしてくれるようになるのでしょうか? 誰もが考えてしまうことですよね。ただ、待ってください。勉強が苦手で学校に行けなくなってしまった子供、その「苦手」の原因とは一体何なのでしょう。学校の勉強が難しくてついていけなくなった? そうした子供には、家庭教師の先生と、一対一で、分からないところを分かるまできちんと教えてもらえる勉強法は最適なのではないでしょうか。家庭教師のトライならば、家庭教師の先生と、各家庭に一人ずつ担当のつく「教育プランナー」の方がそれぞれ、真摯に子供と向き合って、どの教科のどんなところが苦手なのか、子供が自分では分からないところも見つけてくれるシステムがあります。
 じゃあ、子供が勉強そのものを嫌い、勉強することに意義を見出せないから手を付けない、そんな状態だったらどうでしょう? 少なくとも、塾に通わせて解決する問題ではありませんよね。家庭教師のトライは、そんな子供にもきちんと対応してくれます。家庭教師のトライでは、子供の個性や性格にあった先生を選んで派遣してくれます。勉強がどうしても嫌いな子供にも、辛抱強くつきあって、時にはご家庭全体で考える機会を持ちながら、「どうして勉強が必要なのか」「どうしたら勉強が面白くなるのか」をきちんと考えてくれるのです。
 
学校という場は、集団生活を送る中でさまざまな物事を学ぶ場です。もちろん、家庭教師の先生だけでは、学校という場で得られるものの中の、勉強という部分しかサポートできないかもしれません。しかし、それでもご家庭の外から来る、「先生」という人物に触れることが、不登校の子供にとっては大きな刺激となるのではないでしょうか。
 また、家庭教師のトライでは、独自の「教育情報センター」に、心理カウンセラーの先生も在籍しているようです。不登校の子供でも、いつかは学校に戻りたいと考えているかもしれませんし、戻してあげたいのが親御さんとしての気持ちですよね。そうした面でのサポートも、家庭教師のトライならば、きちんと行ってくれるようです。


トラックバック(0) 

家庭教師が選ぶ大人の家庭教師のトライ

カテゴリ: [家庭教師のトライの特徴]

怪しいタイトルだけど、内容(本文)は決して怪しくない。

というのも、家庭教師業界は、意外と人材が流動的な業界なのである。
なぜか?

働く側、つまり家庭教師自身が行うこというのは、
どこの家庭教師会社に所属していても、大きく変わらないという点がある。

教える教科は決まっているし、(何十も何百もあるわけではない)
文部科学省が定める指導要領は一つなのだ。

だから、今いる(所属している)家庭教師の会社が嫌ならば、
別の会社に行けばいい話なのである。
これまでの経験やスキルが、新しい会社でもそのまま活かせるのだ。

もちろん、家庭教師が塾の先生や予備校の講師になることもある。
また逆もある。

そんな感じで、家庭教師の業界は人材が移動しやすいシステム的な素養があるのだ。

そんな中で、絶えず多くの家庭教師が集まってきている会社が、
家庭教師業界の最大手企業、「家庭教師のトライ」だ。

家庭教師業界で最大手でいる為には、何より最も多くの家庭教師を確保している必要がある。
それが実現できているということは、家庭教師から支持されているともいえる。

いやなら辞められる家庭教師業界。
それでも常に多くの家庭教師に支持されている家庭教師のトライ。

これはすごいことではないか。

ちなみに、最近は大人の家庭教師と銘打った大人向け教育サービスも流行っているらしく、そちらへの転職者も多いようだ。
家庭教師のトライがいつまで教師を惹きつけることができるか、今後も目が離せない。

追記(1/8)
前回は大人の家庭教師に講師を取られたら、トライは苦戦するのではないか!?という考えを述べたのだが、
どうやらトライ自身も大人の家庭教師サービスを展開するようだ。
【参考】大人向けサービスページ
ここで、トライが大人向けサービスを展開することによるメリットを考えてみたい。
すぐ思いつくことでは、顧客層の増大による売上増加が挙げられる
その他のメリットとしては、講師の選択の幅が広がるという点あると考えられる。
企業が存続していくうえで、顧客満足だけでなく、従業員満足度を維持することも重要だ。

トライの講師が子供向けと大人向けの両方の選択肢を持つことで、従業員満足度が高まるのではないだろうか。
それも含めて大人の家庭教師サービスに乗り出したとしたら、驚くべきことだと思う。
トライがついに大人の家庭教師サービスを開始した。
特筆すべきは一面の電車内つり革広告と、テレビ番組の合間に流れるTVCMの量だ。
きっと想像以上の問い合わせがありトライ自身が一番驚いているだろう。
いや、しかし相変わらずとも言うべきかも知れない。
大人の家庭教師に限らずトライは常に過剰とも言えるサービスの露出で圧倒的なシェアを築いてきた。
古きよき監修を守りながら新しい道を突き進むトライをどうしても嫌いになれない。
トラックバック(0) 

まずは家庭教師のトライに資料請求をしてみようか。

カテゴリ: [家庭教師のトライの特徴]

今年、いよいよ受験なのに息子がまったく勉強しない。志望校のレベルはそれなりに高いのに、基本となる英語ができな過ぎる!(怒)
これではだめだと思って、いよいよ家庭教師のトライにお願いしました。
それまで学習塾に通っていても全く成績が伸びなかったので不安でしたが、とりあえず資料請求!
いい感じでやってくれるのか心配でしたが、杞憂でしたね!
受験科目を的確に伸ばし、もはや息子の学力はかなりのレベルに達しています。いまならMARCHくらいならすぐ行けるかも・・・。

とにかく、トライの評判が気になる方は、まず一度資料請求してみることをお勧めします。
その中にはカリキュラムやさまざまなコースが書かれているはずです。
ただし料金に関しては、生徒一人一人によって異なるのでアドバイザー的な役割である
「トライさん(メガネをかけているかどうかわかりませんが)」に相談してみることをお勧めします。
トラックバック(0) 
家庭教師のトライの特徴 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。